「国際グラビトニクス協会」は、電気通信分野の権威である関英男博士(故人)が確立された「グラビトニクス理論」の発展とその実証を行う組織として2001年1月に発足いたしました。この理論は「グラビトンシステム」として実用化され、地球規模で広がる環境問題から感染症の拡大、戦争テロ、事件、事故などの問題解決に力を発揮するだけでなく、教育分野、健康医療分野での対応から、食を安全に美味しく頂くための工夫や、音楽・絵画への展開を可能とし、未来を拓く全く新しい技術として注目されています。
INFORMATION
2013年度グラビトン施工管理技士講習会のご案内 2013年5月13日更新 new
各都市の波動の変化【日本】
世界の主要都市の波動変化
食品の波動の変化
人・動物の波動の変化
地球環境への影響
グラビトン施工管理技士の活動報告(日本の山地を守る会) 2013年5月13日更新 new
波動をコントロールする技術


国際グラビトニクス協会とは

グラビトンについて データベース各種




copyright  | 著作権について | プライバシーポリシー | サイト規約 | 協会概要 |  国際グラビトニクス協会